2016-11-04

なご弁新聞掲載中の1話完結短編小説「歩のあゆむ道」バックナンバー大公開!

なごや栄二丁目新聞社 なご弁新聞 歩のあゆむ道

歩のあゆむ道

おはようございます。
なごや栄二丁目新聞社の福島です。

当新聞社の発行しているなご弁新聞をいつもご愛顧いただきありがとうございます。
今回は、当新聞社が月に2回発行しているなご弁新聞で、毎月15日(基本)に発行の紙面ウラ面に掲載している1話完結の短編小説「歩のあゆむ道」のバックナンバー公開のお知らせです。

なご弁新聞とは?

なご弁新聞は、2015年7月7日に創刊した、伏見・丸の内界隈のサラリーマン・OLを対象とした5分間で読めるビジネス情報紙です。地域情報や教養をなご弁新聞で得て、営業でのネタとして活用いただいたり、この地域についての理解を深めていただいたり、活用の幅が広がりつつあります。

また、なご弁新聞は、当新聞社の「学生事業部」が主となって取材や執筆活動を行っており、なご弁新聞を通して、企業と企業の繋がりはもちろん、学生と企業、学生と社会の繋がりの一端を担っているのもなご弁新聞の特徴です。

歩のあゆむ道とは?

歩のあゆむ道は、学生事業部の部長を務めている川内雅樹さんが執筆している、1話完結の短編小説です。1人の若手営業マンの日常を描いており、会社の上司や同僚、営業先やその途中で出会う人との人間模様を描いています。

川内雅樹 プロフィール

学生記者 学生事業部 部長

名古屋コミュニケーションアート専門学校
総合デザイン科 シナリオライター専攻3年

脚本家・橋田壽賀子氏を目指して、日々シナリオを執筆している専門学生。何気ない日常ホームドラマを描くことを夢見る。短編小説「歩のあゆむ道」を連載中。現在、絶賛就活中。

川内雅樹オフィシャルホームページ
http://kawauchi-masaki.jimdo.com/

※なご弁新聞1周年記念号より

 

現在は、10月15日(28号)発行まで、連載が続いており、次号である11月15日(30号)で第8話が掲載されます。

歩のあゆむ道は、1話完結ではありますが、全体としてはつながりを持っており、「第4話を見逃した!」という声や「バックナンバーをまとめて読みたい」という声を多く頂きました。

そこで、歩のあゆむ道の1話から7話までをこのブログで配信することになりました。

本日11月4日より平日に1話ずつ公開をさせていただきます。

この機会に、歩のあゆむ道のバックナンバーを読んでみてくださいね!

なご弁新聞はどこでもらえる?

歩のあゆむ道のバックナンバーを7話まで読み終えたら、最新の8話掲載の新聞を配布場所にて手に入れなければなりません。以下のページの配布先一覧をまとめてありますので、ご確認下さい。

なご弁新聞配布場所一覧

また、なご弁新聞をお店先においていただける店舗様も募集しております。なごや栄二丁目新聞社のWEBサイトのお問い合わせより送信下さい。

では、本日より歩のあゆむ道のバックナンバーを平日に1話ずつ公開していきますので、お楽しみに!

伝えたい人に伝わるような広報を!!

伏見・丸の内界隈のビジネスマンのための「なご弁新聞」、営業や会社紹介のための「繋がるメモ帳」はこちらから。

投稿者 Keita Fukushima

MENU